猿賀神社

蝦夷征伐のため坂上田村麿が「神蛇宮」として
建立したと伝えられる神社で、
本殿は県重宝に指定されています。
藩政時代から農漁業、交通、眼の守護神として
尊信されてています。

春は桜の花が美しく

夏は蓮が美しい



七日堂大祭 旧1月7日(柳からみ神事、ゴマの餅まき神事)

崇敬会大祭 5月3日 (鬼面に矢を射る 鬼面奉射神事)

御田植祭  5月25日 (神田における御田植神事)

★限定御朱印
7月21日~8月31日まで
蓮の花の見ごろな期間限定で蓮の花の御朱印が受けられます。
(通常の御朱印と2種類あります。)



十五夜大祭 旧8月15日(宵宮)

2019年は
9月12日宵宮
9月13日大祭
津軽エリア最大級の宵宮です。

■アクセス
◇JR弘前駅から弘南鉄道津軽尾上駅まで20分。
◇津軽尾上駅から徒歩15分
◇東北自動車道黒石ICから10分

インスタグラムハッシュタグ

猿賀神社

#猿賀神社

猿賀神社社務所

住所
〒036-0242 平川市猿賀石林175
電話番号
0172-57-2016
FAX番号
メールアドレス
ホームページ
http://saruka.webcrow.jp/
アクセス情報

▼この記事をシェアする