神宮寺

津軽一代様が全部安置されています。
家族やグループで参詣に出かけるときなど、各人の干支がまちまちで、
一緒に廻るのは大変です。
猿賀神社のお参りのついでに一代様を参拝していきましょう!
干支が違ってもみんなで津軽一代様巡りができるお寺です。

神宮寺の本尊霊には大日如来、千手観音、文殊、普賢菩薩など

十二支の守り本尊が安置されています。

かつて猿賀神社の境内には、
猿賀十二坊という天台宗の12棟のお寺がありました。

これらのお寺を管理していたのが猿賀山長明院神宮寺で、
また神宮寺はかつての猿賀深砂大権現(現・猿賀神社)
の別当寺でありました。

南部家との対立の影響で、
神宮寺と猿賀十二坊の8つの寺は破却され、
天台宗から曹洞宗になり、別当も最勝院(弘前市)
が兼任となりましたが、
2代藩主の信枚は天台宗に戻し、神宮寺を再建しました。

明治の頃になると、猿賀十二坊の残された
4つの寺院のうち2院は廃寺、
蓮乗院(神宮寺向かいの寺)と東光院だけとなったが、
その後、東光院に神宮寺の寺号移されて現在に至っています。

本堂の中に入って祭壇を見て驚くのは、
中央奥に祀られている不動明王の前にはお寺なのに
赤い鳥居がが立っています。

猿賀神社に初詣に来たときなど、家族連れで参拝にくる方が多く
まず、ここをお参りしてから後に、
それぞれの干支を訪ねる方が多いそうです。

 

住所
青森県平川市猿賀石林166-2
電話番号
FAX番号
メールアドレス
ホームページ
アクセス情報

▼この記事をシェアする