関所資料館

道の駅いかりがせき敷地内にあります。

秋田県付近に復元されていた、関所の面番所を移築。

藩政時代の武具・古文書などを展示しています。

また、人形を使って当時の厳しい取調べ風景を再現しています。

碇ケ関の歴史と御関所

津軽為信:

天正十五年、(西暦千五百八十六年)秋田比内の浅利氏を攻め、帰陣する時に、関所を設けました。

津軽為信が関所を設けし時碇ヶ関と村名する、後の四代信正、町割を行い宿場町とします。

後年、幕府の巡検使に随行した記録には「厳重なること箱根の関所も及ばない」と記録されています。

場所
〒036-0242 平川市碇ヶ関碇石13-1
 
問い合わせ
道の駅いかりがせき「津軽関の庄」
電話 :0172-49-5020
FAX:0172-49-5021
▼この記事をシェアする